あおぞらBLOG

2019.10.12更新

こんにちは。あざみ野の歯医者あおぞら歯科です。

 

本日、10月12日は台風の影響により午前の診療のみとなります。

また午前中もすでに予約の患者さまで埋まっております。

予約の患者さまのキャンセルが出た場合のみ、予約外の患者さまをお受け致します。

申し訳ございませんがご了承下さい。

                                                                                      あおぞら歯科  

 

2019.10.09更新

こんにちは、あざみ野の歯医者あおぞら歯科です。

今度の三連休に大型の台風19号が上陸すると毎日のようにニュースで取り上げられています。前回の15号を教訓に皆さん気をつけて下さいね。

 

ところで私は最近体幹を鍛える為にヨガを始めました。

ヨガでは呼吸が重要と言われ腹式呼吸や胸式呼吸など数種類の呼吸を行います。まだ習いたての私にはインストラクターの『次は〇〇の呼吸をしながらポーズです!』と言われもついていけずに混乱してしまいます(笑)

 

人は生まれると同時に肺呼吸に変わります。肺呼吸は基本的に鼻呼吸になります。鼻呼吸は吸い込む空気に適当な湿度、温度を与え空気中の微細なゴミや細菌、ウィルスを鼻腔内の毛や粘膜に吸着して気管や肺を保護しています。皆さんは当たり前のように鼻呼吸をしていると思われていますが大人は7割、子供だと8割が口呼吸と言われています。

今回は呼吸にまつわるお話しを致しますflower2

 

では口呼吸するとどんなデメリットがあるか知っていますか?

•ドライマウス、歯並びが悪くなる、顎関節症、むし歯

•いびき、睡眠の質の低下

•アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎

•膠原病、関節リウマチ、全身性ループスエリテマトーデス

•胃炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、痔、便秘

•白血病、高血圧、腎臓病、風邪、インフルエンザ、冷え性

などと言われています。

口呼吸をしていると舌は低位になります。低位舌になると必然的に口呼吸となり発音や摂食、咀嚼、嚥下に大きく影響がでてしまいます。正常な舌位置は上顎にぴったりくっついているんです。低位舌になる原因は口の周りや舌の筋力不足だそうです。

では口の周りの筋肉を鍛える為に皆さんに簡単なストレッチをご紹介します。

それは…あいうべ体操!!です

❶あー口を大きく開ける❷いー口を横に開ける❸うー口をたこのようにとがらせる❹べー「べー」と舌を伸ばす。❶から❹を繰り返し

一日30回を目安に毎日続けましょう!興味のあるかたは当院の待合室に本が置いてありますので参考にしてみて下さい。

口呼吸を鼻呼吸に戻して元気になりましょうnico

 

澄みきった青空のような
爽やかな笑顔で帰ってもらいたい

一生ものの笑顔と白い歯を地域のみなさんにお届けします。
自信をもって笑顔を取り戻していただけるように、全力で診療に取り組んでいきます。

045-883-8892
あおぞらBLOG