あおぞらBLOG

2019.05.08更新

こんにちは。あざみ野の歯医者あおぞら歯科です。

天皇陛下即位に合わせて5月1日から新元号「令和」の時代になりました。

645年の「大化」から数えて248番目の元号となります。

令和の典拠は1200年余り前に終纂された日本最古の歌集「万葉集」に収められた「梅花の歌三十二首 序文」にある

初春の令月にして 気よく風和らぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭ははいごの香を薫ず

の文言を引用したもので「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味が込められた元号となっています。

この梅花の宴は太宰府の地で行われました。

今回、私はGWに九州旅行へ行き偶然にもこの太宰府に足を運んでみることになりました。

太宰府

GWと令和の関連の地という事もあり沢山の人が観光に来ていました。太宰府といえば梅ヶ枝餅!

皆さんご存知でしたか?私は梅が入っているものかと想像していましたが薄皮のお餅のなかに餡子が入っており出来立てのおもちは温かくて美味しかったです。

梅ヶ枝餅

 

 

令和もあおぞら歯科は皆さんの来院を心よりお待ちしております。

どうぞ宜しくお願い致します。

澄みきった青空のような
爽やかな笑顔で帰ってもらいたい

一生ものの笑顔と白い歯を地域のみなさんにお届けします。
自信をもって笑顔を取り戻していただけるように、全力で診療に取り組んでいきます。

045-883-8892
あおぞらBLOG