あおぞらBLOG

2021.10.26更新

こんにちはniあざみ野の歯医者あおぞら歯科です。

最近は朝晩や日々の気温の変化により寒暖差アレルギーを起こすかたが多くなったとテレビで放送されていました。体が思うようについていきませんよねehe

さて、コロナ禍で着用が定着したマスクですが鼻を覆うことによって無意識のうちに口呼吸が増えてしまう為、最近患者さんからも口の中が乾燥する!という相談を受けることが多くなりました。

 

口腔内が乾燥すると口の中の細菌が繁殖しカンジダが発生する、自浄作用が低下して感染症を引き起こす、誤嚥性肺炎のリスクが高くなるなど様々なトラブルが生じます。

 

実は凄いんです!唾液の力ってpencil1

健康な人の1日の唾液分泌量は1〜1.5ℓ。唾液は口腔内を潤すだけでなくそれぞれの構成成分が機能をもち、口腔内の潤いと健康を保っています。

お口の中が乾燥すると思った時は唾液の量を増やす為に唾液線マッサージをするのも良いですし、食べ物をよく噛むのも良いです。ガムを噛むのも効果的ですね!

細めに水分補給をするのもお勧めです。

あとは保湿剤の使用もお勧めします。

保湿剤も3種類あり、液体タイプ、ジェルタイプ、スプレータイプを用途によって使い分けても良いでしょう。

自宅にいる時はいつでも出来る液体タイプでブクブクと洗口する。こちらは粘膜にすぐ浸透していきます。

乾燥がいつもより強いな…と言う時は夜寝る前に口腔粘膜にジェルタイプを塗布。

 

出先で乾燥するな…と言う時はスプレータイプでお口の中にシュッと吹きかけるなど。

 

乾燥は個人差がありますので保湿剤のお勧めや唾液腺マッサージを知りたい方はスタッフにお尋ね下さい。

少しでも快適に過ごせるようお力になります!

澄みきった青空のような
爽やかな笑顔で帰ってもらいたい

一生ものの笑顔と白い歯を地域のみなさんにお届けします。
自信をもって笑顔を取り戻していただけるように、全力で診療に取り組んでいきます。

045-883-8892
あおぞらBLOG