あおぞらBLOG

2022.02.15更新

こんにちは。あざみ野の歯医者あおぞら歯科です。

まだまだ寒い日が続きますね!

先週は関東でもかなりの積雪になるという情報でしたが大丈夫でしたね(笑)

今年初めての関東の雪は私個人的にかなり大変でした!

次の日には天気も良く大通りの雪はすっかり溶けていたのですが家の前の私道だけ全く溶けず…

雪

朝から雪かきや雪に熱湯を流したり、土を撒いたりして車がスリップしないようにと必死でした。

雪国のかたには申し訳ないですがちょっと懲り懲りです。

話はガラッと変わりますが(笑)約1000万人と言われる日本人の入れ歯人口。そのうち半数以上の人が入れ歯が合わないと感じているそうです。

合わない入れ歯の弊害は

①食べられない

②エネルギー不足になる

③口の機能が低下する などあります。

少しでも入れ歯が粘膜に当たるな、咬めないなと感じましたら歯科にご相談下さい。

そして汚れた入れ歯の弊害は

①デンチャープラーク(歯垢)

歯以外にも歯垢は付着します。食べかすとそれを栄養としている細菌のかたまりです。

②義歯性口内炎

入れ歯による慢性的な刺激や圧迫で粘膜や入れ歯の床縁に炎症をおこします。

③誤嚥性肺炎

口の中が汚れていると唾液に含まれる細菌も増えます。誤って気管に入ってしまうと誤嚥性肺炎をおこす危険があります。

 

歯と同様に入れ歯もしっかり洗浄しましょう。

入れ歯のお手入れ方法は毎食後に水洗いするのが理想ですが無理な場合は1日1回は丁寧に洗いましょう。総入れ歯は歯と歯の隙間や歯肉と密着する裏側が汚れがつきやすいです。部分入れ歯は複雑な形をしていて、汚れがつきやすいので念入りに!金具の部分もしっかり洗って下さい。

お手入れ方法は…

⚫️入れ歯を落として破損させないために洗面器などを下に置いて流水下で入れ歯専用のブラシで洗います。専用ブラシがなければ使い古しの歯ブラシでも大丈夫です。その時歯磨き粉は使用しないで下さい。歯磨き粉には研磨剤が入っているものが多いので粒子で入れ歯が傷ついてしまいます。

⚫️柔らかいところはスポンジやガーゼで優しくこするのも良いですね。

⚫️眠るときは洗った後に水を入れて保管します。3日に一回は入れ歯洗浄剤で除菌するのも良いです。

⚫️熱湯や漂白剤につけたり、乾燥させたりするのは変色や変形のもとになるので避けて下さい。

 

洗浄剤も発泡タイプ、酵素系、次亜塩素酸系とありますが当院では扱いやすい発泡タイプを使用しております。

洗浄剤

販売もしておりますので気になるかたはお声がけお願い致します。

 

では、皆さん歯も入れ歯もしっかり磨きましょう‼︎

 

SEARCH

CATEGORY

澄みきった青空のような
爽やかな笑顔で帰ってもらいたい

一生ものの笑顔と白い歯を地域のみなさんにお届けします。
自信をもって笑顔を取り戻していただけるように、全力で診療に取り組んでいきます。

045-883-8892
あおぞらBLOG